お知らせ

辛抱さんおめでとう! 高島市リフォームとは関係のない話ですが・・・

今回は高島市のリフォームとも大津市のリフォームとも高島市のクロス貼替とも全くもって関係の無い記事ですがお付き合いください。

写真は辛抱さんのyoutubeチャンネルからキャプチャしたものです。

 

辛抱さんヨット太平洋横断単独無寄港達成おめでとうございます。

 

素晴らしい挑戦、勇気を頂けました。

 

2021年4月9日に出航され6月17日(日本時間)に目的地であるサンディエゴに到着されたという事です。

 

私は出向前から辛抱さんのyoutubeで応援しておりました。

 

出航の様子も拝見し、時々youtubeで衛星電話の声と聴いたり、フルノ電機さんのサイトで場所を確認しており、

 

見るたびにすごいな~なんて思いつつ『ほな僕ももうちょっとがんばろ』とか思いながら過ごしておりました。

 

あの太平洋を小さなヨット(近くで観れば結構大きいけど)で渡るってホントに凄い勇気だと思いますしそれなりの覚悟をもって出航されたとどこかの記事で読んだ事を記憶しております。

 

私も、趣味でバイクに乗って旅をしたり、車で旅に出たりすることは多いですが、それにしてもスケールが違います。

 

憧れますね。

 

日本を横に向けたらいつく入るのでしょうか(笑)

人間やろうと決めたら出来るんです。

 

前回の挑戦は、出航まもなくクジラさんに衝突して海上自衛隊さんに救助され未達成でした。

 

この前回の挑戦かた丁度8年が過ぎ達成された太平洋横断!

 

インタビューで8年間漂流してやっと到着できました。という言葉がなんだか心にしみじ~んときました。

 

今回の辛抱さんの挑戦により私が感じたことは

 

『本当の目的を達成しようと思う時、それなりの覚悟が必要だ』

 

という事です。

 

よっしゃ、私の人生最後の目標の為にこれからも辛抱さんのように風に耐え雨に耐えもう少し楽しみながら仕事していきます。

 

到着の様子を辛抱さんのyoutubeチャンネル辛抱の旅で公開されていますのでお手隙の際は覗いてインタビューのシーンを見て下さい。

 

それではまた!

 

辛抱さんお疲れ様でした。すこしゆっくりして、今後のご活躍に期待してます。

 

 

 

 


カーボンニュートラル・雇用を守る為に戦う経営者! 高島市リフォーム

我々、木工事を主とする建築業社は木材を切り出し、それを製品にして住宅を提供しています。

 

私は今まで国産材(杉・檜)を少しでも使おうと思い日々材料を使用してより良い住宅を提供させて頂く努力をさせて頂いております。

 

我々が、国産の木材を使用することで、森は整備され林業の方々に還元されて行きます。

 

現在、ウッドショックという言葉が世間を賑わわせております。輸入木材の高騰・品薄になっているようで価格も高騰しています。

 

正直私が思っているのは、『今、日本の建設業者にバチが当たったんだ』と思っています。

 

日本に沢山の木があるのに、構造材は輸入だよりにしすぎたツケを今払わされているのだと思います。

 

それは、さておき現在私は、トヨタ自動車社長さんである豊田章男さんの言動・行動力は素晴らしいと思っており注目しています。

 

自工会会長である章男社長は、カーボンニュートラルを目指すうえで、EV車に依存しすぎると、日本の電力事情では電気不足になるし、電池の資材不足に陥り、100万人の雇用も守れないと

 

年頭の記者会見でお話されておりました。

 

そして今回、水素エンジンの車を24時間耐久レースで走らせ見事完走されました。

 

その模様は、スーパー耐久TVでライブ配信されていましたので見れるときは見ておりました。

 

その記事は下のリンクになります。

史上初の水素エンジン搭載ORC ROOKIE Corolla H2 conceptの挑戦は苦難乗り越え完走を果たす「未来づくりには良かったこと」とモリゾウ

 

私は元々車やバイクが好きなんですが、少し整備もしますし、趣味の一環としてバイクに乗ったり、車に乗ったり、オイル交換してみたり、ブレーキパット変えてみたりと楽しんでおります。

 

そんな車好きの目線、それとこれからの日本未来的な観点からしても、今回の水素レシプロエンジンでの24時間耐久レースに参加するというのは注目しておりました。

 

途中、夜中にトラブルはあったようですが、見事完走を果たされました。

 

この未来をかけた、挑戦は大きな衝撃を与え、カーボンニュートラルの新たな選択肢として大きな一歩を踏み出したのではないでしょうか?

 

これからも、章男社長のカーボンニュートラル・雇用を守る戦いを注目していきたい。そして心から応援していきたいと思います。

 

トヨタ車には乗ってませんけど(笑)

 

そして我々建設業も新たな挑戦をしていかなければならないと思います。

 

当面の私の目標としましては、国産材利用を加速させて行きたいと思います。私は小さなコマに過ぎないただの日本国民ではありますが、出来ることからやりたいと思います。

 

それではまた


大津市リフォーム 某ハウスの幕板の修繕!

 

強風で飛んでしまった幕板の修理をしていきます。

 

下地材も結構よろしくない状態なので、下地も取り替えていきます。

 

かなりボロボロの状態でした。

 

下地材を外すとこんな感じ!

 

もともとは24mmの合板が貼ってありましたが、24mmは貼りにくいので、12mmを2枚重ねて貼っていきます。

 

作業場で防腐剤を塗布しておりますので少しオレンジ色になってます。

下地材の過酷な状況が予想されますので油性の防腐剤を塗りました。

2枚目を貼るときは接着剤とビス併用で留め付けていきます。

 

もう一度防腐処理をして完了です。

 

ちょっと見た目悪いですが透湿シート貼って板金屋さんを待ちます。

板金工事完了しました。

工事にご協力いただいた業者の皆様ありがとうございました。

 

それではまたお会い致しましょう!

 


創業20周年! いつもありがとうございます。私は強運の持ち主です。

今日は、株式会社HKIの設立記念日!

 

いつも皆様にはお世話になり誠に有り難うございます。

 

ひらおか建築工芸として個人事業としてスタートして10年個人事業から法人成りし株式会社HKIを起こし10年が経過致しました。本年度から11年目のスタートです。

 

本当に感謝しかありません。

 

私に仕事を発注してきて頂いたお客様、一緒に仕事をして頂いた大工さん・業者さん、この20年の節目を私に関わって頂いた皆様のおかげで迎えることが出来ていると実感しております。

 

私一人では何も出来ないという事もこの20年で何度も思いましたし、自分の無力さをこれでもかと言う程、思い知らせれることも沢山ありました。

 

最初、自分で仕事を請けると決めた時には、そんなに深くは考えておらず、なんとかご飯が食べれるくらいはどうにかなるだろうと思って始めました。

 

新築の手間請けを何軒か施工させて頂いたのが始まりだったと思います。

 

その中で、自分はこの新築の手間請け仕事は向いてないな~と思うようになりました。

 

そこで私は考えます。『どうしたら新築の手間請けをせずに仕事をしていけるのか?何をすればいいのか?』などなど、必死で仕事をしながら考えてました。

 

そんなあるとき、リフォームの依頼が飛び込んできました。少しややこしい仕事ではありましたが、何とか納めさせて頂きお客様に喜んで頂き集金をさせて頂いたときに『僕はこの道で生きよう!新築の手間請けはやめよう!』と心に決め、とりあえず作業場が必要だと思い作業場を借りました。

 

そして、『私でないと出来ないような仕事をする』『私がいないと困ると言われるような人間になる』『平岡に頼めば何とかしよる』と言われるようになるんだと心に決めた事を鮮明に思い出します。

 

私は強運の持ち主なのです。その後、リフォームの木工事業を下請けさせて頂ける会社様と出会い仕事をさせて頂けるようになり、作業場も大活躍しました。

 

中古でプレナーを買い最近までそのプレナーで仕事をしておりました。ごく最近になりプレナーも入替て大型の機械も導入しましたので作業性も向上しております。

 

不思議なものです。作業場を借りれば、作業場が必要な仕事が舞い込んでくる、プレナーを買えばその機械が必要な作業が舞い込んでくる、そうです私は強運の持ち主なのです。

 

最近では、元請け工事も徐々に増えてきており、仕事をさせて頂いたお客様からご紹介も沢山頂き本当に感謝感謝の毎日です。ご紹介頂いたからには、必ず満足頂けるような商品と技術を提供するために日々精進しております。

 

この度20周年を迎え、初心の頃の気持ちはそのままに、これからも仕事を続けさせて頂ければと思います。

 

見知らぬ土地で創業し、20年私を可愛がって頂いたお客様・仕事仲間の皆様、心より感謝致しております。有り難うございます。

 

これからも、色々なことにチャレンジして精進していきますので皆様どうぞ見守って頂きますよう宜しくお願い致します。

 

このような取り留めのないブログになってしまい申し訳ございません。最後までお付き合い頂いた方には重ね重ね御礼申し上げます。

 

代表取締役 平岡 康揮

 

 

 

 

 


滋賀 光触媒施工業者 金属銅を配合したハイブリッド光触媒

滋賀県高島市の光触媒施工業者のHKIと申します。

 

弊社株式会社HKIは、世界初の技術であるハイブリット光触媒の施工業者をしております。

 

今回は、滋賀県でカタリスト施工業者より商品の詳細をご説明していこうと思います。

 

ワンランク上の感染予防を!

 

テーマに事業を展開しております。

 

従来の光触媒に『銀イオン(Ag+)』と銅イオン(Cu2+)が加わり光のない場所でも一定の効果を実現致しました。

 

ここがこのカタリストのミソです。光触媒は光がないと効果が発揮できませんが、金属イオンを配合することにより一定の効果があるのです。

 

カタリストには、素晴らしい5つの効果があります。

 

 

金属イオンを配合することにより、新型コロナウイルスの生存時間は極端に短くなる事を発表しております。

 

 

このカタリストの効果としては、他社の光触媒では対応しきれない防カビ・暗所での効果もあります。

 

カタリストは食品安全衛生法にも合格しておりますので、台所や、厨房などにも安心して施工することが可能です。

 

その他証明書が見たい方はご遠慮なくお問合せ下さい。

 

弊社では、住宅リフォーム工事だけではなく、安心して暮らしていただけるような商品も扱っております。

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

ラインでのお問合せも対応しております。

 

友だち追加


新事業スタートしますよ! 光触媒カタリスト+ 正規施工代理店!

光触媒施工代理店始めました。

 

今流行りのコロナウイルスにも効果があると言われています。

詳しくは続々効果の実証書類を公開していきますのでお楽しみに。

 

滋賀県で光触媒施工をご要望の方は一度お問合せ下さい。

 

今日のところは、ここまでにしておきますね。

 

ご自宅のお風呂場・トイレ・どこでも施工可能です。車の車内も施工可能!

 

カタリストは、内部用と外装用がございます。

ご興味のある方はお問合せ下さい。

 

LINEでのお問合せ

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 


4月に入りましね。綺麗な桜 ポエマーやすき

暗いニュースが多い世の中、テレビつけると567・567と騒いでますね。

ニュースでは、お花見に来ている人たちもなんだか悪い人に聞こえる報道合戦!

いやになりますねぇ~

 

外だし、外でもマスクつけてる人ばっかりやしええやんと思いませんか?

 

あっここまではあくまで個人の見解ですよ。

 

という事で、人の少ない時間にちらっと見てきました。

 

滋賀県の桜の名所 海津大崎!

 

綺麗ですね~

 

4月1日現在 満開でございます。

 

桜を見ると毎回思うことがあります。

 

『あと何回桜を見ることができるのだろう』って

 

ぱっと咲き誇りさっと散る、見れるのは一年のうちで一瞬!年に一回の行事みたいなものですよね。

私は今、43歳絶賛成長中の男なので65まで生きるとしたら、22回しか見れませんよね。

 

桜を見れる回数はものすごく少ないと思いませんか?

 

もしかしたら、今回が最後の桜になるって事もあるわけです。

 

なので、後悔なく生きる!

それが大事

 

後悔なく遊ぶ!

 

それが大事

 

節約もそこそこでお金も使う!

 

それが大事と

 

思う今日この頃であります。

 

ポエマーやすきでした(笑)

長浜の夜景!

 

つづら尾崎展望台より!


専門家ってなんや?

専門家って何ですかね?

 

会社がリフォーム会社だったら【専門家】なのか

 

こんなお問合せがありました。

 

この先お問合せを頂いた方をA様とします。

A様『外壁のリフォーム会社の営業マンが訪ねてきて、もうそろそろ外壁が傷んできたので塗装をした方がいいですよ。近所で仕事してますので今だったらお安くできます。私は外壁の専門家でアドバザーをしているので無料診断しますねと言われました。その結果外壁の専門家の方がもうそろそろ外壁塗装した方がいいですね。と言われました』

私『そうですか~?でおいくらだったんですか?』

A様『200万くらいでした。しかし近所で仕事してますので、160万まで特別に値引きをすると言われまして、その専門家の方が早めに塗らないと雨が侵入するので早めに塗装した方がいいと言われまして実は、まだ新築してから9年ほどなんですが、そんなに早く外壁を塗装した方がいいのですかね?』

私『そうですか、値段はともかく置いときますね。使う材料もわかりませんし何回塗装されるのかも分かりませんからね。そもそも新築から9年で塗装が必要になくらい外壁が劣化しているのは考えにくいですね?外壁はサイディングですよね?』

A様『はい、窯業系っていうんですか?』

私『窯業系債サイディングですね。9年で外壁塗装が必要な劣化はあり得ないと思いますよ。もし何か必要だとしたら目地やサッシ周りのコーキングの劣化がある可能性は非常に高いですけどね』

A様『でも、外壁の専門家の方がコケが生えてるところを見て傷んでいるので早く塗装をみたいな事を言われました。』

私『サイディングにコケが生えることは多々ありますし、防水性には問題ないと思いますよ。そもそも160万円という価格も私にとっては高額に聞こえますし、しかも平屋とおっしゃいましたね?平屋でしたらもしかしたら足場も必要なく脚立で作業できる可能性も高いですし私にとってはものすごく高額に思えます。しかも屋根は塗らずに壁だけですよね』

A様『そうなんですね~』

私『まだ9年くらいでしたら、建てた建設会社に点検してもらう方がいいのではないですか?』

A様『そうですね。一度聞いてみようと思います。ご迷惑をおかけしました。』

私『いえいえ、そんな人の為に私はブログを書いてますし、お役に立てたらうれしいです。この先リフォーム等棚の取付とかあったら気楽にご連絡下さい。』

A様『ぜひよろしくお願いします。有り難うございました。』

 

私が仕事を逃した瞬間であった(笑)

 

どう思いますか?

 

外壁リフォーム専門店に勤めているから『外壁の専門家』『外壁のアドバイザー』『リフォームのアドバイザー』などを名乗れますよね。

悲しいかな一般のエンドユーザーからすれば『専門家』『アドバイザー』等を名乗れば信用する人が多い!

知識も何もない、商品も知らない、施工方法も分からないそんな営業マンに仕事を頼むのは如何なものかと思う。

損をするのは施主さんですし、家の使い勝手が悪くなるのも施主さんなので、私は、真の専門家を目指し続けなければいけないと思いますし、私たちプロの言葉とアドバイスとは本当に重い言葉なのだと思う瞬間であった。

しかし、私の書いているこのブログを見つけて頂き、お問合せ頂いたのは、本当にうれしく思います。

 

専門家と名乗り営業している皆さんがみんな知識不足や自分の営業ノルマを達成するために営業している訳ではありません。中には本当の専門家もいらっしゃいますし本当にお施主様も事を思って営業されている専門家もいらっしゃるという事も書き添えて、このブログを締めさせて頂きます。


高島市リフォーム・大津市リフォームLINEでのお問合せに対応致しました。

表題の通りLINEでの問い合わせを開始させて頂きました。

以下のバナー及びQRコードでお友達追加をして頂きお問合せ下さい。

 

友だち追加

現地調査前の概算見積も対応していこうと思います。

 

LINEで写真を送って頂き概算のお見積りを提出させて頂くこともできます。

リモート見積とでも言いましょうか、時代の流れに沿ったリモート見積如何でしょうか?

※LINEでのリモートお見積りはあくまで概算になりますので、金額を見た上でご発注頂けるようであればお客様のご自宅へ伺いたいお打合せの上正式なお見積りをさせて頂く運びとなります。

※誠に失礼なお願いと存じますが冷やかしはご遠慮いただきますよう。宜しくお願い致します。

 


痛ましい労災事故!

滋賀県内で労災事故(死亡)が発生したようです。

 

20歳の男性がお亡くなりになったようです。

 

 

以下の記事です。

 

労災事故は絶対あってなならない事です。

 

業種は違いますが、我々の作業には危険が常に付きまとっています。

 

あの時、ああすればよかったとか思わないでいいように、常に安全最優先で作業を進めていきたいと思います。

 

亡くなった20歳の男性に、心よりご冥福をお祈りするとともに、安全に作業を進めていく事をここに誓ってこのブログを終わります。

 

 


12345...1020...