施工実績

高島市で美味しい近江牛ローストビーフが食べられるお店

お仕事中のお昼ご飯にちょっと贅沢 

 

ごめんなちゃいm(__)m

 

美味しそうなローストビーフでしょ~

サシが入ったローストビーフとっても美味しかったです。

 

これがまた近江牛のローストビーフなんです。

 

こりゃまた太るわ~

 

メタセコイヤ並木ツーリングの際にランチ如何でしょうか?

 

お店のFaceBookページ

 

 


補修屋さんという仕事

私どものブログでご紹介するのはちょっとどうかと思う所あるのですが

 

事実なのでつつみ隠さずUPしようと思います。

 

我々も人間なのでどうしても見える所を傷付けたりへこましたり、抜けた節のところを気づかずに取り付けたりする事もあります。

 

なるべくそのような事は無いようにきを付けて仕事をしているのですが・・・

 

だって人間だもの、そんな事もあるのです。

 

沢山の人が関わらないと仕上がって行かないのが建設業です。

 

正直申しますが、商品に傷をつけてしまう事もあります。

 

そんなときにお願いするのが

 

補修屋さん

補修のプロフェッショナルです。

 

このようなへこみを・・・

 

こんな感じで直してくれます。

 

素晴らしいでしょ~

 

凄い技術と目をもったプロフェッショナルです。

 

あまりお世話になるのは良くない事ですが、最後の砦なのです。

 

 

 

 

 

 


高島市白蟻被害の修繕 造作編 終わりに近づく・・・

それでは造作を続けます。

 

筋違や間柱を入れて行きます。

 

その中、補強金物も取付ました。

 

柱の上部に取り付けているのが、現在新築等でも用いられている補強金物になります。

 

斜めに入っているのが火打ち金物といいます。

 

被害前は木材で入っていたのですが、今回は金物に変更させて頂きました。

 

 

 

 

 


高島市白蟻被害の修繕 基礎新設編

前回は、高島市白蟻防除工事について投稿してきました。

 

さて、シロアリの発生源となった場所はどうするの?と思ってませんか???

 

ココですよね!

 

同じことをしては、また同じことになりますよね

 

なので

 

こうしました!

 

基礎を新設させて頂きました。

 

土台は防虫加工済みの材料を使用する事で白蟻の被害から守ります。

 

尚且つ、防蟻剤も散布して、コンクリートを打設し完了です。

 

 

 

 


高島市白蟻被害の修繕  高島市白蟻駆除編③室内作業もあります。

タイル貼りのトイレ等の木枠には、穿孔して薬剤を圧入します。

 

完了したら木栓で蓋をして完了!

同様にタイル目地にも穴をあけて薬剤を入れて行きます。

 

どうしてもこういった場所には蟻さんが住み着きやすいのでシッカリとした防蟻作業が必要です。

 


高島市白蟻被害の修繕  高島市白蟻駆除編②

散布の状況を動画に撮ってみました。

 

こんな感じで床下作業をします。

 

 

 

 

如何でしょうか?床下で何をされてるのか分からないので不安ですよね。

ちゃんと真面目に散布しているのですよ(笑)

 

当たりまえですよね。ちゃんと施工しないと5年保証ですので、自分が大変な目に合うのです。

 

しかし、ちゃんと散布しても自然相手ですので再発が全くないとは断言できませんが、ちゃんと私の目で管理させて頂いています。

 


高島市白蟻被害の修繕  高島市白蟻駆除編

前回は補強まで完了致しましたね。

 

ここまで高島市白蟻被害がひどくなると、他の場所も疑わざるを得ません。

 

予防の意味も含めて白蟻防除工事をおススメ致しました。

 

床下に白蟻薬剤の散布を行う工事になります。

 

床下の潜っていき薬剤を散布するので結構ハードなお仕事なのです。

 

 

たっぷりたっぷり散布していきます。

 

だいたい150L~200L程散布する事になります。

 

またこの作業については、5年間の保証もついてきます。

 

再発生した場合は、もう一度散布させて頂きます。

 

皆様のご自宅は異変はございませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 


高島市 白蟻の被害修繕 補強編

いよいよ梁を入れて行きます。

 

 

 

とりあえず入れる方法が限られてくるのでこの方法を選択しました。

 

反対側から入れてとりあえず梁を吊り下げました。

 

 

どうにもならなかったところは、こんな感じで補強梁を入れて対応します。

 

本日はここまで

 

また来週の更新をお楽しみに~

 

 

 

 

 


高島市 白蟻の被害修繕 補強編

前回は、使える梁を見極めて撤去する所までご案内したこのブログ!

 

次はいよいよどうするの?

 

どうするのと気になる方が多いと思います。

 

とりあえず腰掛けを作ってみます。

 

そしてどうやって入れようか皆さんと相談と言うか・・・漫才大会が開始されるのです。

 

切り小口には防蟻の薬をたっぷりかけます。

 

あえて、手の込んだ継手は避け簡単な継手にしてます。

 

その理由はまず予算を安くあげる為、もう一つは、シンプルイズベストだと思うからです。

 

木と木を繋ぐ方法としてはいくつもありますが、最近の高耐力ビスは、変な継手を作るより、高耐力ビスで留付けた方が

 

木材欠損も少なく強いと考えるからです。

 

もちろん化粧材等の時はちゃんとした継手を作ります!

 

 

本日のブログはここまで

 

また次回をお楽しみに~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高島市 白蟻の被害修繕 解体編

さぁお待たせいたしました。

 

直していきますよ~

 

とりあえず被害部分を撤去からです。

 

 

撤去の前に、補強です。

 

周辺の梁を落ちないように仮の柱で支える作業をします。

 

 

 

細心の注意を払いながら柱などを撤去していきます。

 

 

不要なものを撤去がおわると次は梁を温存出来る所を見極めていきます。

 

撤去が終わると次は補強作業です。

 

本日のブログはここまで、またお楽しみに~


...34567...1020...