ブログ

大津市 マンションリフォーム トイレリフォーム

先日ご案内した床が貼れた状態を少しご案内して

 

現在、洗面所からトイレに入るようになっていたので、廊下からトイレに入れるようにというご要望です。

 

とりあえず壁を解体して床も下地し直しです。

 

建具枠を取付し、建具を吊りこんだら完了です。

 

収まりが悪かったので敷居は既製品でなく加工して製作、そして色を合わせて塗装していただきました。

 

今回は高島市マンションリフォーム大津市マンションリフォームの状況をご紹介いたしました。

 

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 


大津市マンションリフォーム 床編

今回のマンションは、1階でコンクリートの上に直でCFシートが貼ってありました。

 

和室は一段上がっておりますのでその高さに合わせて施工すると共に断熱性の向上も目指します。

 

現状はこんな感じです。

 

カーペットはめくりました。

 

こんな感じで収めて行こうと思います。

 

 まず断熱材を敷きこんでいきます。

 

この上に合板を貼っていきます。

 

こんな感じです。

こういった感じで施工していきます。

 

あとはこの上にCFシートをなります。

 

それではこの辺で・・・

 

高島市マンションリフォームと大津市マンションリフォームは経験豊富な株式会社HKIまで


辛抱さん 再出発お気をつけて!

辛抱さんが再出発されました。

 

帰りは南回りで暖かい所を通るようで少しは気楽だと言ってらっしゃいましたけど、本当にお気をつけて。

 

出航の様子が公開されています。


高島市白蟻被害修繕 高島市防蟻工事

高島市シロアリ被害の季節になってきました。白蟻さんは5月~6月ごろが一番活発に活動します。

 

今回は玄関の框(かまち)という部材が食害でやられてしまいご相談を頂きました。

 

床のフローリングなど被害がなければそのままどうにか復旧してほしいとご用命を受けております。

 

なるべく予算が掛からないように復旧していきます。

 

解体に取り掛かった時にはまだ白蟻さんが沢山お仕事中でした。

 

高島市シロアリさんは奇跡的にフローリングは食べずに根太まで結構スカスカになるくらい一生懸命お仕事したようです。

 

もう少し遅かったらおそらくフローリングまで被害が広がったと思います。

 

 

根太まで綺麗に撤去完了です。

 

 

ここで高島市白蟻防除工事をとりあえず局所的に行います。

 

この高島市シロアリ駆除工事は後ほど床下すべて施工させて頂きました。

 

復旧に取り掛かります。

 

とりあえず無くなってしまった根太を復旧すべく特殊なボンドで根太を接着します。

 

このボンドは速乾性のあるボンドなので圧着してしばらくすれば次の工程に移れるのが便利なのです。

 

今回は既製品の玄関框を入れるのでなく、組み合わせで合わせ技一本!で施工することにしました。

 

既製品で復旧しようとすると床を解体しないと復旧が不可能です。

 

今回は集成材の板を組み合わせて框にさせて頂きました。

 

 

なんということでしょ~~(アレ風に読んで下さい。)

 

綺麗に復旧できました。

 

何とか框だけの施工でよかったです。

 

大津市で白蟻被害や高島市で白蟻被害が増えるこの季節、家の周りを見回してみてくださいね。

 

これも病気と一緒で早期発見、早期対応が一番いいのです。

 

それではまたお会いしましょう

 

今回は、高島市シロアリ被害の様子をご覧いただきました。

 

 


辛抱さんおめでとう! 高島市リフォームとは関係のない話ですが・・・

今回は高島市のリフォームとも大津市のリフォームとも高島市のクロス貼替とも全くもって関係の無い記事ですがお付き合いください。

写真は辛抱さんのyoutubeチャンネルからキャプチャしたものです。

 

辛抱さんヨット太平洋横断単独無寄港達成おめでとうございます。

 

素晴らしい挑戦、勇気を頂けました。

 

2021年4月9日に出航され6月17日(日本時間)に目的地であるサンディエゴに到着されたという事です。

 

私は出航前から辛抱さんのyoutubeで応援しておりました。

 

出航の様子も拝見し、時々youtubeで衛星電話の声を聴いたり、フルノ電機さんのサイトで場所を確認しており、

 

見るたびにすごいな~なんて思いつつ『ほな僕ももうちょっとがんばろ』とか思いながら過ごしておりました。

 

あの太平洋を小さなヨット(近くで観れば結構大きいけど)で渡るってホントに凄い勇気だと思いますしそれなりの覚悟をもって出航されたとどこかの記事で読んだ事を記憶しております。

 

私も、趣味でバイクに乗って旅をしたり、車で旅に出たりすることは多いですが、それにしてもスケールが違います。

 

憧れますね。

 

日本を横に向けたらいくつ入るのでしょうか(笑)

人間、やろうと決めたら出来るんです。

 

大切なのは決める事!

 

前回の挑戦は、出航まもなくクジラさんに衝突して海上自衛隊さんに救助され未達成でした。

 

この前回の挑戦からちょうど8年が過ぎ達成された太平洋横断!

 

インタビューで8年間漂流してやっと到着できました。という言葉がなんだか心にしみじ~んときました。

 

今回の辛抱さんの挑戦により私が感じたことは

 

『本当の目的を達成しようと思う時、それなりの覚悟が必要だ』

 

という事です。

 

よっしゃ、私の人生最後の目標の為にこれからも辛抱さんのように風に耐え雨に耐えもう少し楽しみながら仕事していきます。

 

到着の様子を辛抱さんのyoutubeチャンネル辛抱の旅で公開されていますのでお手隙の際は覗いてインタビューのシーンを見て下さい。

 

それではまた!

 

辛抱さんお疲れ様でした。すこしゆっくりして、今後のご活躍に期待してます。

 

 

 

 


高島市床のリフォーム 高島市古民家リフォーム その②

高島市リフォームの状況を詳しくお伝えしていきます。

 

大津市リフォームの状況もお伝えしてますので大津市の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

前回は大引を施工したところまでのご案内でした。

 

次は根太という部材を施工していきます。

 

根太の施工が完了したました。

 

杉の無垢のフローリング貼る部屋は断熱材も施工しましたが、写真を忘れてしまいました( ;∀;)

 

 

こんな感じになります。

 

畳下の床板も貼れフローリングの施工費に入ります。

 

ところが、施工中の写真を撮り忘れてしまい・・・

 

完成

 

やっぱり本当の木無垢材はいいですね~

 

温かみがあり最高です。

 

如何でしたでしょうか?

 

それではまた、高島市リフォームの状況や、大津市リフォームの状況、高島市雨漏り修繕の状況等々お役に立てるようなブログを目指してブログ運営をしてまいりますのでまたこのブログへお越しくださいますよう宜しくお願いします。

 

 

 


高島市床リフォーム 高島市古民家リフォーム その①

今回は、高島市で床のリフォームのご紹介です。

 

今回は高島市古民家リフォームに該当するのかもしれません。

 

築年数80年程度だったかとお伺い致しております。

 

写真では分かりませんが、床が下がりふわふわ状態です。

 

今回は2間施工させて頂く事になりました。

 

まずは解体ですね。

 

解体と床下の清掃完了しました。

 

床の高さが取れないので、今回はブロックを束石代わりに使用します。

 

大引を仕込んでいきます。

白蟻の駆除はされていますが、一応取り付けた材料に白蟻の防蟻剤を散布しながら施工します。

 

元々の柱にもついでに沢山散布しました。

 

大引は元々薬剤が注入されているものを使用してます。

大引き完了です。

 

写真が多くなりましたので、今回はこの辺で失礼致します。

 

次回、高島市床のリーフォームの続きをご紹介していこうと思います。

 

また、大津市床のリフォーム、守山市床のリフォームでも施工可能です。お問合せ下さい。

 

 


高島市リフォーム 玄関の式台・玄関の踏み台設置

高島市玄関リフォームのご案内をしていきたいと思います。

 

玄関と玄関ロール廊下との段差が大きくなってしまいました。

 

現地で造り付けで製作しようかとも思いましたが、お掃除もできるように考え高島市で踏み台を製作することにしました。

 

今回は、廊下の床材が檜の無垢板のフローリングでしたので、現地との雰囲気を合わせるように考えて製作していきます。

 

現在裏を向いていますが、このような素敵な桧の無垢板を用意しました。

 

その板に足を付けて加工していきます。

 

靴が奥まで入りきらないように間仕切りを設置します。

 

足には、アジャスターを設置して不陸があっても調整できるように配慮します。

 

こんな感じになります。

 

これから仕上げていきます。

 

 

薄皮を残そうか考えましたが、中途半端になりましたのですべて削って仕上げてみました。

 

これから、塗装していきます。

 

今回は、オスモエキストラクリアーを選択。これがかなりいい仕事をしてくれるのです。

 

如何でしょうか?綺麗でしょ~

 

2回塗りしました。

 

如何でしょうか?素晴らしい木目が出てきます。

 

さぁお客様の元へお届けします。

 

世界に一つだけの踏み台の出来上がりです。

 

 

弊社の強みは、経験豊富な職人社長が対応させて頂けると言う事です。

 

高島市で建物修繕、高島市リフォームでお困り方は遠慮なくお電話下さい。

 

LINEでもご対応可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 


カーボンニュートラル・雇用を守る為に戦う経営者! 高島市リフォーム

我々、木工事を主とする建築業社は木材を切り出し、それを製品にして住宅を提供しています。

 

私は今まで国産材(杉・檜)を少しでも使おうと思い日々材料を使用してより良い住宅を提供させて頂く努力をさせて頂いております。

 

我々が、国産の木材を使用することで、森は整備され林業の方々に還元されて行きます。

 

現在、ウッドショックという言葉が世間を賑わわせております。輸入木材の高騰・品薄になっているようで価格も高騰しています。

 

正直私が思っているのは、『今、日本の建設業者にバチが当たったんだ』と思っています。

 

日本に沢山の木があるのに、構造材は輸入だよりにしすぎたツケを今払わされているのだと思います。

 

それは、さておき現在私は、トヨタ自動車社長さんである豊田章男さんの言動・行動力は素晴らしいと思っており注目しています。

 

自工会会長である章男社長は、カーボンニュートラルを目指すうえで、EV車に依存しすぎると、日本の電力事情では電気不足になるし、電池の資材不足に陥り、100万人の雇用も守れないと

 

年頭の記者会見でお話されておりました。

 

そして今回、水素エンジンの車を24時間耐久レースで走らせ見事完走されました。

 

その模様は、スーパー耐久TVでライブ配信されていましたので見れるときは見ておりました。

 

その記事は下のリンクになります。

史上初の水素エンジン搭載ORC ROOKIE Corolla H2 conceptの挑戦は苦難乗り越え完走を果たす「未来づくりには良かったこと」とモリゾウ

 

私は元々車やバイクが好きなんですが、少し整備もしますし、趣味の一環としてバイクに乗ったり、車に乗ったり、オイル交換してみたり、ブレーキパット変えてみたりと楽しんでおります。

 

そんな車好きの目線、それとこれからの日本未来的な観点からしても、今回の水素レシプロエンジンでの24時間耐久レースに参加するというのは注目しておりました。

 

途中、夜中にトラブルはあったようですが、見事完走を果たされました。

 

この未来をかけた、挑戦は大きな衝撃を与え、カーボンニュートラルの新たな選択肢として大きな一歩を踏み出したのではないでしょうか?

 

これからも、章男社長のカーボンニュートラル・雇用を守る戦いを注目していきたい。そして心から応援していきたいと思います。

 

トヨタ車には乗ってませんけど(笑)

 

そして我々建設業も新たな挑戦をしていかなければならないと思います。

 

当面の私の目標としましては、国産材利用を加速させて行きたいと思います。私は小さなコマに過ぎないただの日本国民ではありますが、出来ることからやりたいと思います。

 

それではまた


12345...102030...