高島市 リフォーム 《 下 が っ た 家 を 上 げる 》 第1話 高島市 家屋の沈下修正 

今回は、下がった家を上げる作業をご紹介していきたいと思います。

 

今回のお仕事は、いつもと違う木工事多めの記事とは違い。DIY等の参考にはならないとは思いますが

 

高島市でご自宅が沈下して困った方、大津市でご自宅が沈下してお困りの方に参考にして頂けたらと思います。

 

最後には費用も公開しようと思っておりますので、最後までお付き合い頂けたらと思います。

 

まず、1話目は、計画・解体編です。

 

この資料は、現状の床の高さを測定した結果です。

 

この資料を図にして、新たに図面に起こしました。

図面と言うかマンガのレベルですが・・・(笑)

右側の高さを起点とすると、なんと最大90mmの沈下量です。

 

これではへやに居てもくらくら立ち眩みがするくらいの沈下量になりますよね。

 

居室空間の生活空間を基準に考えて、修正していきます。

 

計画では、予算の考慮に入れて計画する必要性があります。なるべく生活の安全性を保てるように計画しました。

 

浴室右側の通りが±0で考えて、居室の沈下量は最大77mmです。この約4mの間で4/1000になるように目指していこうと思います。

 

全てレベルになるのに越したことはないのは無いのですが、費用と作業条件があります。それを考慮しながら施工することにしました。

 

という事で、資材搬入と解体のスタートになります。

 

様々な機器が搬入されていきます。

この上の写真の擁壁の土間の高さにご注目下さい。

 

最後に驚くべき写真を大公開しますのでお楽しみにしてください。

 

このように、土間コンクリートを解体する場所を、マーキングさせて頂きました。

 

解体作業なので、分かりやすくマーキングスプレーでシューっと書くだけですが

 

後は、原始的にバリバリバリバリ壊していきます。

 

今回は、この解体作業までの工程をご案内いたしました。

 

如何だったでしょうか?

 

それでは次回の更新をお楽しみにして頂けたら嬉しいです。

 

 

リフォーム 高島市 家屋沈下修正工事のご案内でした。

 

LINEでのお問合せはこちら

 

メールフォームでのお問い合わせはこちら

直接のお電話は

090-2593-8194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一覧ページに戻る