次亜塩素酸水 ジーミストについてメーカーさんの見解

 

すっかり誤報騒動になりました次亜塩素酸水

 

弊社でも、次亜塩素酸水ジーミストを取り扱っていますので説明責任を果たして行きたいと思います。

 

やはり、スポンサー様の利益を考えるのが報道機関なので仕方ありません。

 

政府機関が押している界面活性剤を製造販売しているのはTVCM等をしている超大手の企業です。

 

ところが、次亜塩素酸水を製造販売しているのは、ほぼ中小企業ですよね。

 

その力関係や売上の関係が今回の次亜塩素酸水の報道の中にあるのだと私は思っております。

 

私感等は次回のブログで書きたいと思います。今回はメーカーの見解について掲載させて頂きます。

 

 

~ユニトライク社ホームページより引用~

 

次亜塩素酸⽔に関する⼀部ネットニュース報道記事への弊社の⾒解について

 日頃弊社、ジーミストシリーズの製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。改めましてここにお礼を申し上げます。
まず初めに、新型コロナウイルスを含む世界的な疫病リスクにおいて様々な直接的な被害、または間接的な被害・影響を被っている皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。
この度、独立行政法人 NITE 製品評価技術基盤機構から公表された次亜塩素酸水に関する ファクトシートに対して多くのお問い合わせをいただいておりますので、メーカーとして 公式見解を記載させていただきます。

1.現時点において、「次亜塩素酸⽔」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない。

 「有効性が確認されていない」とは、効果が無いのではなく、効果について評価が確定されていないということです。これはあくまでも新型コロナウイルスに対する評価であって、他のウイルス等に対する効果を評価しているわけではありません。
新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会の第4回委員会での報告では、次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する効果検証試験は国立感染症研究所と北里大学で実施していますが、一定の効果が見られる一方あまり効果が無いという結果もあるため結論が保留され、引き続き検証をするとなっています。また、電気分解で生成した次亜塩素酸水を使用し、有効塩素濃度も食品添加物の範囲内で検証されているため、直ちにジーミストにその結果を転用できるものでもありません。
なお、製法が異なっても生成されたものの効果は同等とみなすものとするという見解も出されていますので、今後、ジーミストに近いpH、有効塩素濃度の検証がされれば明確になると思われます。

2.WHO の⾒解について

「COVID-19 について、噴霧や燻蒸による環境表面への消毒剤の日常的な使用は推奨されない」とする。さらに、「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」としている。

WHOの見解はすべての消毒剤を指しています。もちろん消毒用アルコールも含まれます。
ジーミストは消毒液ではなく雑貨品になります。

3.次亜塩素酸⽔の空間噴霧ついて

 経産省のファクトシートでも発表になってますが、表記が次亜塩素酸(水)となっており、次亜塩素酸ナトリウム水溶液と次亜塩素酸水が同じ様に論じられてますが、全く違う物質です。
それを事故報告として掲載しています。
中国では、明確に次亜塩素酸ナトリウム水溶液を空間噴霧して事故を起こしたことは報告書が出ており、次亜塩素酸水での報告ではありません。

 NITEも後日コメントしています。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
https://www.nite.go.jp/information/osirasefaq20200430.html
(引用元:NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について)

 次亜塩素酸水の空間噴霧は、呼吸器系の伝染病の感染防止を目的に、畜産業では10年以上前から導入しています。この効果は絶大で、しかも健康被害がまったくない、極めて洗練された技術に育っているのです。
http://www.m-hatta.co.jp/product/image/repo.pdf?fbclid=IwAR2RsS47dqfdjXGsjVmP5vDPPl15GC8iq7HXRFKSbyDztBFpp-MGoK3giGo
(引用元:鹿児島大学 共同獣医学部 帆足誠二 微酸性次亜塩素酸水の空間噴霧による飼養環境及び馬運車内環境の改善効果)

 ジーミストはエビデンス、安全性データを取得し販売しています。
既に80万L以上、業務用として環境清掃・空間衛生として使われていますが、人体への影響に対しての報告は1件もございません。
雑貨品ということもあり厚生労働省(薬機法)の意向に沿ってデータの公表は控えていましたが、経済産業省の発表を踏まえ、今後公表希望者には開示致します。
https://jsha2020.or.jp/ (一般社団法人 日本空間衛生協会)

 ジーミストの大きな特徴は、蒸発残留物0.02%という純度の高さにあります。次亜塩素酸(HClO)と純水(H2O)しか含まれておらず、空間噴霧の懸念点(pH値、塩や未反応物の不純物による問題)も発生しないと考え、様々な方面との検証を続けています。

※三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授より、次亜塩素酸が菌やウイルスに対して有効であることに加え、空間噴霧の安全性についても研究成果として公開されています。
http://www.mac.or.jp/mail/141001/02.shtml?fbclid=IwAR23vHuMqvJwdmUR9U8A9K7quU2DE-61ZMzKk__TF6bLDX46xUVQxaIxHr0

 弊社はもともと建設業で、工事現場の仮設トイレの消臭を行うために10年以上前から次亜塩素酸水を使用していました。
その消臭効果が話題になり、インバウンドで外国人観光客が増えたホテルや交通機関の臭いの問題を解決、公共トイレや喫煙所の消臭、病院や介護の現場でもカートに噴霧器を載せて空間に次亜塩素酸水を噴霧しており、様々な現場の除菌消臭作業として使われています。水道水を加湿器に入れてレジオネラ菌を発生させるぐらいなら、水道水の代わりに次亜塩素酸水を入れる介護施設や病院・ホテルは多数あります。

 次亜塩素酸水の主成分である有効塩素(塩素、次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン)は様々な形で歴史的にも古くから現在まで浄水場やプール等、生活に密着した場所で多数使用されています。
日々皆様が口にする水道水にも有効塩素が含まれており、もし仮にこれらに除菌力がなかったり人体に有害であったりするのであれば、毎日水道水を飲むことで健康被害が確認され使用中止となるはずです。インフラにも日々使用され、様々な現場で適用されている有効塩素の効果と安全性を改めて認識いただいた上で、ご使用いただければ幸いです。


一覧ページに戻る