まだお正月気分(笑)初詣で訪れた日吉東照宮!

この建物は滋賀県の坂本にある日吉東照宮!

 

以前にもご紹介させて頂きましたが再度紹介させて頂きます。

 

これより日吉東照宮HPから引用

 

ご由緒

徳川家康公は没後、静岡の久能山東照宮、後に栃木の日光東照宮にお祀りされましたが、東照宮造営に縁の深い天海上人が天台宗の僧侶であったこともあり、元和九年(1623)徳川三大将軍家光公の時に比叡山の麓に造営されました。
その際には本殿と拝殿を繋ぐ「権現造り」という様式を用い、できあがった社殿が素晴らしく、その様式を基に日光東照宮を再建したといわれています。
明治以前は比叡山延暦寺が管理をしていましたが、明治時代に入り神仏分離令が出されると共に日吉大社の管理するお社となり、今日に至っています。
昭和25年に社殿が国指定重要文化財に指定され、同31年に唐門と透塀が同じく重要文化財に指定されました。

 

ここまで引用

 

簡単に言うと、日光東照宮のモデルみたいなもんですよね。

 

何故か参拝者も少なく心静かに参拝できますので一度行かれてみては如何でしょうか?

 

写真を撮って来ましたのでご覧ください。

 

外観は少々色も落ちてますが、綺麗な状態です。

 

歪んでる( ´艸`)

 

内部もスゴイ装飾なのです。

 

是非一度皆さんも行かれて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一覧ページに戻る