ちょっとした建物をちょこっと屋根仕舞

前回はここまででしたので続きヲバ!

 

垂木を打って、小舞下地を取り付けます。

 

今回は屋根がトタンなので、小舞下地(横向きの木材)施工になります。

 

この上に戦後の日本で大活躍した、波トタンを貼って行きます。

 

久しぶりの登場!若手も頑張っております!

 

頑張っていますが、屋根の上ではまだ生まれたての小鹿のよう!

 

これから、慣れていく事でしょう!

 

トタンが貼れて上が開いてますが、これはまた棟用のポリカを取付て明かり取りにしようと思ってます。

 

会社としての仕事はここで終了です。

 

あとは奉仕作業でしあげてくれるとの事なので

 

私たちはこれにて~

 

「ドロンドロン」

 

( *´艸`)古っ


一覧ページに戻る