高島市 庇の修理

今日は庇の修理を順を追ってご案内いたしましょう!
このお仕事は以前よりお付き合いのある、お客様からご依頼頂きました。

庇が古くなったので、修理をしておくれ〜とお電話頂きました。

デザインはまかしとくわ〜と言って頂きましたので、私にお任せモードです。

普通庇がと言ったら、垂木とう部材に野地板の順で施工して行きます。

今回は、予算・耐久性等を考慮し、分厚い一枚板で施工させて頂きました。

さて、まず加工です。


作業場で木材を削り、防腐剤入りの塗装をしておきます。

今回は、既存の庇が風のイタズラで飛んでしまっていたので、解体作業はありません。

もともとあった、桁と垂木掛けと使い施工させて頂きました。


並べ終わると先を切りそろえて、木材が暴れないように、鼻先に木材を取り付けて木下地の完了です。


上部は見えませんが、防腐剤を塗って見ました。腐るといけませんもんね。

板金屋根を葺いて完了しますよ。


板金葺完了です。

下から見るとこんな感じになります。


既存建物にマッチする庇の出来上がりです。
このような小さなお仕事もご遠慮なくご相談ください。

それではまたまた〜


一覧ページに戻る